血液オゾンクレンジング療法について

オゾンクレンジング療法とは、ヨーロッパで主に行われているオゾンガスを用いた様々な治療法の総称です。 大量自家血血液オゾンクレンジング療法(血液クレンジング療法)では、100~200ccの血液を脱血し、そこにオゾンガスを混合、オゾン化した血液を体の中に戻すという療法です。

英国のエリザベス女王の母クィーンマムは、週に2回血液オゾンクレンジング療法を受け、大きな病気をすることも無く、長生きしたのでイギリスでも血液オゾンクレンジング療法が注目され、新聞記事にもなりました。

自家血オゾンクレンジング療法について

自家血オゾンクレンジング療法には、少量自家血(浄化)療法(Minor Autohemotherapy)と、大量自家血(浄化)療法(Major  Autohemotherapy)=MAHがあり、日本では、大量自家血療法のことを血液クレンジング療法とも呼んでいます。
大量自家血療法は100~200ccの血液を専用瓶に採血し、そこにオゾンガスを混合し、オゾン化した血液を体の中に戻すという治療法です。少量自家血療法は3~5ccの血液をオゾン化して、筋肉注射で体の各所に打つという治療法です。

オゾンクレンジング療法におけるオゾン投与方法

血液オゾンクレンジング療法には自家血療法の他に、様々なオゾン投与の方法があります。
水にオゾンガスを混合したオゾン水は、歯科領域での歯周病治療などに、医科領域では火傷、皮膚の感染症や辱創治療に用いられています。オゾンガスをオリーブ油に固定したオゾン化オリーブ油は、塗布することで、アトピー性皮膚炎や水虫治療に使われています。 またオゾンガスそのものも、潰瘍にガラス瓶をかぶせてガスを入れることで、治癒を促進するという方法で用いられたり、患部にバッグをかぶせてオゾンに暴露したり、 リウマチの患者などにはオゾンガスを関節内や関節の周りに注射することで、炎症を治療する目的でオゾン注射が行われます。

オゾンガスは筋肉内投与されることもあり、ガス単体やガスと血液と混ぜたものを、シリンジによって注入します。皮内投与や皮下投与では、鎮痛効果を狙って、トリガーポイントブロックや循環障害の改善目的に使用されています。 静脈路が確保できない場合、老人や子供の場合は、直腸経由でオゾンガスを注入する注腸法もあります。 それに加えて、最もポピュラーな血液オゾンクレンジング療法の一つが、大量自家血血液オゾンクレンジング療法です。

血液オゾンクレンジング療法の作用・効果

体内の酸素化(特に普段、酸素が行き渡らない虚血部位の酸素化です)

ヨーロッパで行われた研究では、高齢者に対して、オゾンガスを直腸注入した後の代謝活性化が調べられています。 直腸注入というのはヨーロッパでよく用いられている方法で、血液血液オゾンクレンジング療法と比べると3~4倍のオゾンを入れます。オゾンを増やしていくと2,3-DPGが上昇し、2,3-DPGが上がると末梢の血流が改善することが確認されています。

血液流動性の改善による末梢循環の改善

ある患者さんの場合は、クレンジング前は100μℓ流すのに、52.1秒かかっていましたが、クレンジング後2時間では47.2秒と約5秒短縮しています。正常値は大体50秒なので、52秒はドロドロの状態です。
通常、この値は1週間以上生活習慣を改善しても1~2秒短縮するのは大変なことで、大きく変化することは少ないのですが、血液クレンジング前後では大きく改善しています。

免疫機能の向上

オゾンが 白血球の単球や顆粒球などに反応した場合に、インターフェロンなどのサイトカインが上がるということが知られているのですが、 TNF、CM--GSF(顆粒球マクロファージコロニー増殖因子)、インターロイキン2、インターフェロン-γ、いずれも、血液オゾンクレンジング療法によって容量依存的に上昇が見られます。
サイトカインの放出はオゾンの投与量に容量依存的に変化しますが、適正なオゾンの濃度があるものがあります。C型肝炎などを 抑える効果などがあるインターフェロン-γは、 容量依存的に際限なく上がるわけではなく、オゾン濃度40~70μg/mlの時に最も放出されているというデータがあります。 日本で行われた研究のデータでは、血液オゾンクレンジング療法をおこなったあとでは、C型肝炎ウィルスのRNAが下がっているという結果が得られています。

エイジングケア効果

血液オゾンクレンジング療法は細胞を活性化し、細胞内ATPを上昇させることや、SODなどの抗酸化力を上昇させることなどの効果があり、エイジングケアとして使用されています。 加齢性黄斑変性症患者のin vivoにおけるSODの研究では、血液オゾンクレンジング療法によってスーパーオキサイドを消去する酵素SODが上がっていくというデータがあります。
高齢者に対してオゾンガスを直腸注入後、代謝の変化を見た研究では、直腸に6000μgおよび30000μgのオゾン投与でATP産生が容量依存的に増加しています。 細胞のATPは、血液オゾンクレンジング療法で10~12%上がるといわれています。

血液オゾンクレンジング療法により治療効果の期待できる疾患

◆かたこり、慢性疲労、冷え症
血液とオゾンの反応でインターフェロン等が産生
◆慢性関節リュウマチ、頸椎捻挫、腰痛などの症状改善
局所の血流を改善、消炎、鎮痛効果あり
◆がん、悪性リンパ腫、白血病への効果
免疫機能を活性化する
◆動脈硬化に起因する脳血管疾患
脳循環を改善する
◆狭心症、心筋梗塞等の冠動脈疾患
冠血流を改善する
◆抹消循環の改善
糖尿病性抹消神経障害、下肢静脈瘤の症状の改善

副作用・リスク・注意点について

全ての人に生じるわけではありませんが、術後内出血がおこる場合もございます。
軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで3週間程度かかることがあります。